PTAもこれだけは守らないとダメな個人情報保護法のルール

個人情報保護法とは?

インターネットの普及等の情報化の進展により個人の権利・利益の侵害の危険性が高まったことや、国際的な法制定の動向への対処として、個人の権利利益を保護することを目的として2003年(平成15年)5月30日に公布され、2005年(平成17年)4月1日に全面施行された法律です。正式名称を「個人情報の保護に関する法律」といいます(以下、「個人情報保護法」といいます。)。

 

個人情報保護法の目的

名前や性別、生年月日、住所などは、個人のプライバシーにもかかわりうる大切な「個人情報」です。一方、個人情報を活用することで、行政や医療、ビジネスなど様々な分野で、業務の効率化やサービス向上を図ることができます。

そこで、個人情報の保護を図るとともに適切な活用ができるように、「個人情報保護法」が制定されました。

個人情報保護の改正とPTA活動

個人情報保護法は、その施行から10年が経過し社会環境の変化等を踏まえて平成27年(2015年)に改正されました。この改正個人情報保護法が、平成29年(2017年)5月30日から全面施行されました。

この改正により、法律の適用対象の拡大され、個人情報の数にかかわらず「個人情報をデータベース化して事業に利用している事業者」すべてが法律の適用対象となりました。

大勢の従業員を抱える企業や大量の個人情報を事業に利用していた企業はもちろん、中小企業や個人事業主、町内会・自治会、そしてPTAなども、個人情報を取り扱う際に個人情報保護法の遵守が義務づけられます。

そのため、PTA役員はもとより、PTA活動に関わる人々は全て個人情報保護法を正しく理解することが必須です。PTA役員は、活動に参加するPTA会員に対して個人情報保護法の研修を実施することが求められます。

個人情報とは?

個人情報の定義

  • 生存する個人に関する情報
    であって
  • 特定の個人を識別できるもの

コメントは受け付けていません。